2018年03月11日

様々な問題点の深刻さを客観化する

@その問題点に対して過剰に不安に、深刻に捉えていないか
A問題点と問題点が関連して、袋小路になっていないか
B問題点に対して強迫観念、l強迫行為がないか
C問題点を階層化捉してえる
D解決するべき問題点の中で簡単にアプローチできるものを特定する
E発達そのものの遅延、他の精神疾患はないか
を検討する
posted by yume-clinic at 09:50| Comment(0) | 日記

2018年03月04日

具体的な問題解決法

【2】問題の本質を確認する
@自宅にいることが何故登校する事より勝るのかを考える
A問題の本質を探ることにより介入方法を明らかにする
B学校に於いて、認知機能の低下等の学習に於ける様々な問題点を洗い出す
C学校や社会がどのような方法でどの程度本人や家族をサポートできるかを確認するする
Dゲーム、スマホ、ゲーム等気分転換等の限界設定をどうするのか
posted by yume-clinic at 13:01| Comment(0) | 日記

2018年02月25日

具体的な問題解決法

【T】問題の構造を考える
@本人、家族、学校等の持つ様々な問題構造、問題の階層をしっかりと聴取し明らかにして本人、家族にも認識してもらう。
Aその問題がどのように作用しているかを検討する
B問題の時間的階層を調べ、因果関係を明らかにする
C様々な問題が本人、家族にとってどの程度ストレスとなっているかを明らかにする
D今現在、不登校に関わる不安、恐怖に対して本人、家族、学校がどのような方法をとっているのか、それが功を奏しているのか否かを判断する
E今までに、功を奏した方法があったかを調べる
posted by yume-clinic at 13:05| Comment(0) | 日記