2018年07月29日

適応障害の問題点

@「症状の重症度や表現型に影響を与えうる外的文脈や文化的要因を考慮に入れても、そのストレス因に不釣り合いな程度や強度をもつ著しい苦痛」という要件は、他の精神疾患の基準を満たさないことが必要であるが、本来「ストレス因に不釣り合いな程度や強度をもつ著しい苦痛」を呈すことは必ずしも精神病の可能性を否定できない。つまり本来は他の精神疾患である可能性があるはずで、マニュアル診断の為、これに該当しない場合に適応障害となってしまう場合に診断することとなり、本来の不登校の原因となる精神疾患或いはその前段階である事を見逃してしまうことになる。
(マニュアル診断を超えて考えると)。
A「そのストレス因、またはその結果がひとたび終結すると、症状がその後さらに6か月以上持続することはない」という要件により、不登校が6か月以上持続すると適応障害とならない。
B以上から不登校を適応障害が原因とすることは直観的には「学校への不適応」として考えやすいが治療に直結し難い診断となる為出来るだけ控えた方が良い。
posted by yume-clinic at 09:22| Comment(0) | 日記

2018年07月22日

不登校と 適応障害

A はっきりと確認できるストレス因に反応して、そのストレス因の始まりから3か月以内に情動面または行動面の症状が出現
Bこれらの症状や行動は臨床的に意味のあるもので、それは以下のうち1つまたは両方の証拠がある。 (1)症状の重症度や表現型に影響を与えうる外的文脈や文化的要因を考慮に入れても、そのストレス因に不釣り合いな程度や強度をもつ著しい苦痛 (2)社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の重大な障害
Cそのストレス関連障害は他の精神疾患の基準を満たしていないし、すでに存在している精神疾患の単なる悪化でもない
Dその症状は正常の死別反応を示すものではない
Eそのストレス因、またはその結果がひとたび終結すると、症状がその後さらに6か月以上持続することはない
posted by yume-clinic at 14:21| Comment(0) | 日記

2018年07月15日

不登校と家庭内暴力

様々な原因、要素があり得る。
@本人:言語表現能力が低かったり、自己主張が難しい場合や対人関係を被害的に捉えやすい場合等が考えられるが、これらによって対人関係に支障を生じてしまって孤立。ストレスを外に向かって発散出来なくなる。
A環境:家庭内で本来無条件に受け入れてくれるはずの両親に指示的・共感的対応がない場合や学校での不安定な対人関係や学業の低下による自信の無さ等は感情のコントロールを困難にする。
B不登校児は自信なく閉居しており、ストレスの耐性は低い。ストレスの発散の手段も少なく唯一の発散は家庭である。
この為、無条件にストレスを受け止めてくれるように家族に強制する。勿論これは教育上限度がある。
両親も節度を持って対応せざるを得ない為、不登校児はストレスを十分には発散出来ない。
posted by yume-clinic at 19:41| Comment(0) | 日記