2018年06月17日

精神症状⇔身体症状悪循環サーキット

悲観的思考、不安、焦燥感が高まり緊張感が一日を通して亢進する(夜間でも緊張する為不眠、歯を食いしばり顎関節症が悪化、筋緊張性の頭痛等が生じる)。

緊張感の亢進が持続するとエネルギーの消費、体温の上昇、倦怠感、食欲低下、嘔吐、下痢等の症状が生じる。

上記の身体症状が更に、悲観的思考、不安、焦燥感を亢進させる。
posted by yume-clinic at 10:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: