2018年05月20日

難治性鬱病

難治性鬱病とは
難治性うつ病の定義としては、「少なく とも2種類の抗うつ薬を十分量 (imipramine 相当で日に 150 mg) 十分 な期間 (4〜6週間) 用いても反応がみ られない」
難治性鬱病には、様々な原因、病状が考えられる。
克服出来ない大きなストレス(経済的ストレスや難治性の身体疾患、改善困難な対人関係等)存在する場合が多いが、ストレス自体の感受性にも問題がある場合が多い事も事実である。
難治性の「鬱病」という定義は果たして適切か否か
様々な精神疾患が悪化すれば鬱状態になり得る。又、単に鬱状態だけでなく他の精神疾患を合併するからこそ難治性となることが多く、難治性「鬱状態」と考えた方が状況を的確に説明出来得る。
posted by yume-clinic at 11:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: