2018年05月06日

不登校の予後

不登校は、主に精神障害の存続、悪化に関連している。
予後良好な要因には、
@症状の急性発症
A発症時の年齢が若い
B学校に通っていない時間が短い
C早期診断と治療
D精神医学的罹患率の低下
E不登校の頻度が少ないことが挙げられる。
逆に、不登校が慢性化するリスクは、援助が迅速に行われず保護的な要因が欠けている場合に増加する。
posted by yume-clinic at 08:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: