2018年11月04日

早期診断の限界

@1歳6月、2歳、3歳にて社会性や認知機能、言語機能をチェックすることは有用だと考えられるが、本当に有効に活用されているのか。又、治療法は確立されているのか。
A使用するバッテリーの標的症状が適切なのか、過大に解釈されていないか。
B乳幼児の発達にはかなり個人差があるが、それをきちんと評価されているか。
C他の疾患(双極性障害、統合失調症)をきちんと鑑別出来ていないのではないか。
特にADHDと双極性障害、ASDと統合失調症をきちんと区別できるのか、もし出来るならばどこで区別するのか。
posted by yume-clinic at 21:33| Comment(0) | 日記