2017年10月29日

自分で出来ること

自分で出来ること

Bどのような事を努力すべき
1)重度のうつ状態では
過度な悲観的思考であることに気づき、不安感、絶望感を周囲に相談する。
殆ど仕事、家事が出来ないはずだが、無理して行わない努力をする。
2)中等度のうつ状態では
現在の自分の精神的・身体的状況を的確に把握して、悲観的思考、緊張感を高めないように、上手く気分転換する。
3)軽度のうつ状態では
読書をしたり、散歩等を通して精神的・身体的体力を増進、自信をつける。
posted by yume-clinic at 09:43| Comment(0) | 日記

2017年10月22日

Aどのような事に気をつけるか Aどのような事に気をつけるか Aどのような事に気をつけるか Aどのような事に気をつけるか 自分で出来ること

Aどのような事に気をつけるか

1)重度のうつ状態では
自責感が強く、絶望感に打ちひしがれる為、過度な悲観的思考に陥っていないか気をつける。
希死念慮、特に自殺の衝動性がコントロール可能な範囲であるかを確認する。
2)中等度のうつ状態では
気分転換によって倦怠感が強くなっていないか、無理をしていないか気をつける。
3)軽度のうつ状態では
現在の、身体的・精神的体力がいか程か、早く職場復帰しなければと焦り過ぎていないか、また、復帰への不安が適切なレベルか否か気をつける。
posted by yume-clinic at 10:12| Comment(0) | 日記

2017年10月15日

自分で出来ること

@何を目標にするか
1)重度のうつ状態では
休息がとれ、睡眠、食欲の確保を目標とする。
2)中等度のうつ状態では
周囲との短い会話やTVを見たり、軽度の外出等あまり倦怠感が生じにくい気分転換が出来ることを目標とする。
3)軽度のうつ状態では
うつ状態とは何か、うつ状態を許容し、状況にあった気分転換を行う。
職場復帰に向けて体力、精神力の増強を徐々に図って自信をつけることを目標とする。
posted by yume-clinic at 10:41| Comment(0) | 日記