2016年08月28日

異常な否定的認知と陰性感情

異常な否定的認知と陰性感情
心的外傷的出来事に関連した認知と気分の陰性の変化。心的外傷的出来事の後に発現または悪化
し、以下のいずれか2つ(またはそれ以上)で示される。
(1)心的外傷的出来事の重要な側面の想起不能(通常は解離性健忘によるものであり、頭部外
傷やアルコール、または薬物など他の要因によるものではない)
(2)自分自身や他者、世界に対する持続的で過剰に否定的な信念や予想(例:「私が悪い」、
「誰も信用できない」、「世界は徹底的に危険だ」、「私の全神経系は永久に破壊された」)
(3)自分自身や他者への非難につながる、心的外傷的出来事の原因や結果についての持続的で
ゆがんだ認識
(4)持続的な陰性の感情状態(例:恐怖、戦慄、怒り、罪悪感、または恥)
(5)重要な活動への関心または参加の著しい減退
(6)他者から孤立している、または疎遠になっている感覚
(7)陽性の情動を体験することが持続的にできないこと(例:幸福や満足、愛情を感じること
ができないこと)
posted by yume-clinic at 09:51| Comment(0) | 日記

2016年08月21日

PTSDの症状

PTSDの症状

2. 心的外傷的出来事に関連する刺激の持続的回避、心的外傷的出来事の後に始まり、以下のいずれか1つまたは両方で示される。
(1)心的外傷的出来事についての、または密接に関連する苦痛な記憶、思考、または感情の回避、または回避しようとする努力
(2)心的外傷的出来事についての、または密接に関連する苦痛な記憶、思考、または感情を呼び起こすことに結びつくもの(人、場所、会話、行動、物、状況)の回避、または回避しようとする努力
posted by yume-clinic at 09:55| Comment(0) | 日記

2016年08月14日

PTSDの診断

1.フラッシュバック
心的外傷的出来事の後に始まる、その心的外傷的出来事に関連した、以下のいずれか1つ(またはそれ以上)の侵入症状の存在:
(1)心的外傷的出来事の反復的、不随意的、および侵入的で苦痛な記憶
(2)夢の内容と情動またはそのいずれかが心的外傷的出来事に関連している、反復的で苦痛な夢
(3)心的外傷的出来事が再び起こっているように感じる、またはそのように行動する解離症状
(例:フラッシュバック)(このような反応は1つの連続体として生じ、非常に極端な場合は現実の状況への認識を完全に喪失するという形で現れる)
(4)心的外傷的出来事の側面を象徴するまたはそれに類似する、内的または外的なきっかけに
曝露された際の強烈なまたは遷延する心理的苦痛
(5)心的外傷的出来事の側面を象徴するまたはそれに類似する、内的または外的なきっかけに
対する顕著な生理学的反応
posted by yume-clinic at 12:45| Comment(0) | 日記