2018年12月09日

ASDと統合失調症の類似

C最後に、統合失調症と自閉症はいくつかの遺伝的及び環境的危険因子を共有していると思われ、感染への出生前曝露がその1つである。
Silvia De Rubeis,Synaptic, transcriptional, and chromatin genes disrupted in autism Nature. 2014 Nov 13; 515(7526): 209–215.
posted by yume-clinic at 09:09| Comment(0) | 日記

2018年12月02日

ASDと統合失調症の類似

B統合失調症および自閉症は、セロトニン作動系の異常に主に関連すると思われる神経学的レベルで特定の異常を共有するようである。 例えば、統合失調症患者のサブセットと同様に、自閉症を有する個体は、セロトニン合成能力およびセロトニン受容体機能異常の異常を示す。
Lam KS et al Res Disabil.Pabmed; 27:254-289.
 ABI-Dargham A.Laruelle M.J et alNeuropsychiatry Clin Neurosci.1997; 9:1-17.
posted by yume-clinic at 12:37| Comment(0) | 日記

2018年11月25日

【2】ASDと統合失調症の類似

A細胞レベルでは、統合失調症および自閉症の両方で変化することが知られている最もよく確立されたニューロンマーカーの1つはReelinである。
 Reelinは、細胞移動の分離信号を提供するなどの重要な神経発達機能を有するため、Reelinシグナル伝達の減少が統合失調症および自閉症に関与する早期神経発達病理に寄与することが示唆されている。
 Fatemi SH.Pubmed10:251-257.
posted by yume-clinic at 19:09| Comment(0) | 日記